2020年01月31日

恋愛適齢期とインテリア

恋愛適齢期という名前は、映画のタイトルとしてよく知られるようになりました。
映画が公開されたのは2003年ですが、その当時は恋愛適齢期という言葉の定義がどのようになされていたのか明確ではありません。
現在に至っても、恋愛適齢期というのは何歳から何歳までというような考えはないようですが、一昔前に比べると一般的に使われるようになったといえるのではないでしょうか。
恋愛適齢期は女性に支持された映画ともいえるかもしれませんね。
これは、恋愛適齢期での主人公が若い女性でなく、50歳を過ぎたバツイチの女性だったということが理由かもしれません。
また、その主人公が二人の男性から同時にアプローチされるという点も、恋愛適齢期という映画が女性に支持された理由ともいわれています。
しかも、そのうちの一人は、主人公よりも20歳も若いハンサムな男性なので、恋愛適齢期を自分のことのように見ると、きっと楽しめることでしょう。
最近では、年齢差のあるカップルも増えてきているようですが、恋愛適齢期のような恋愛を現実にする可能性がある人はそう多くはないはずです。
恋愛適齢期では、そのインテリアにも注目が集まっていたようです。

恋愛適齢期に出演している俳優が好きなので、映画館に足を運んだという人も多いのではないでしょうか。
また、恋愛適齢期はその中で使われているインテリアもとても素敵なので、女性やインテリアを専門に勉強している人にはそういう観点からも楽しめるようです。
恋愛適齢期で主人公が住んでいる家や、その中に配置されている家具、キッチンなど見ていると素敵だと思う人も多いでしょう。
インテリアは、映画を作る上でも重要な要素の一つのようですが、恋愛適齢期でも同じようなことがいえると思います。
恋愛適齢期で注目すべきインテリアは、ダイアン・キートンさんが暮らしている家でしょう。
そこには、こだわりの家具が配置されていたり、「素敵だな」と思うようなインテリアが満載であるため、恋愛適齢期でインテリアを楽しんでみるというのも面白いかもしれません。
映画のようなインテリアに憧れる気持ちは誰にでもありますが、恋愛適齢期のように多くの人に注目される映画はそう多くはないようです。
恋愛適齢期を見たことがある人も、もう一度今度はインテリアを楽しむという目線で楽しんでみるというのも良いかもしれませんね。

東京の結婚相談所 
posted by 仲人の舘 at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

恋愛適齢期と音楽

恋愛適齢期はアメリカ映画です。
日本で公開される際に恋愛適齢期というタイトルがつけられました。
映画は実際に作られた国と、邦題とがまったく違う場合がありますが、恋愛適齢期もその一つです。
恋愛適齢期の原題はSomething’s Gotta Giveというタイトルがつけられています。
日本に輸入する際に、わかりやすいタイトルとして恋愛適齢期というタイトルが映画配給会社でつけられ、それが普及したというわけです。
日本で公開されている映画の中には、恋愛適齢期のように邦題のタイトルが有名だという映画も多いようです。
恋愛適齢期も実際のタイトルからはまったく違う邦題になっているように、原作や原題とは違うものが多いのは、映画の宣伝には必要な手法の一つかもしれません。
恋愛適齢期は、サウンドトラックも発売されています。
映画、恋愛適齢期の中で使用されている音楽は、聞いたことがある曲が多いという人もいたのではないでしょうか。

恋愛適齢期のサウンドトラックを聴きながら、映画のシーンを思い出すのも良いでしょう。
また、恋愛適齢期とは別にして、BGMとしても楽しむことができるでしょう。
ちなみに、日本で公開されている恋愛適齢期は日本語版と英語版の二つがあります。
英語版の恋愛適齢期には入っているSunday Morningという曲が、日本語版には入っていないそうです。
恋愛適齢期での音楽をすべて楽しみたいという人は、英語版を購入すると良いかもしれませんね。

東京の結婚相談所 
posted by 仲人の舘 at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

恋愛適齢期の評判

恋愛適齢期という映画を見たことがあるでしょうか。
2003年に公開された恋愛適齢期は、そのタイトルからも注目を浴びた映画です。
名女優であるダイアン・キートンさんや、ジャック・ニコルソンさん、そしてキアヌ・リーブスさんなどが出演したことでも話題を集めました。
恋愛適齢期の前に、キアヌ・リーブスさんはマトリックスで一躍有名になっていました。
マトリックスとは違って、恋愛適齢期ではキアヌ・リーブスさんは物静かな青年を演じています。
また、20歳も年上のダイアン・キートンさんが演じる主人公にキアヌ・リーブスさんが恋愛感情を抱くというのも、恋愛適齢期の宣伝文句として使われていたようです。
芸能界などでは、年の離れ人たちの結婚や恋愛も最近では増えてきていますが、一般人の日常的には「ありえない」ということが話題作りとなったのではないでしょうか。
実際の世界で起こる確率の少ないことを、映画で体験してみたいという気持ちが、恋愛適齢期を支持する人たちの間ではあるようです。
恋愛適齢期を見た人の意見は実にさまざまです。映画の感想は見た人によって違ってくるので不思議なことではありませんが、恋愛適齢期では、男性よりも女性に支持された映画といえます。
これは、恋愛適齢期の主人公が女性であったことも関係しているでしょう。
また、恋愛適齢期の中では、二人の男性から想われるというようなシチュエーションも、女性にとっては素敵だと思わせる要因だったかもしれませんね。
しかし、実際に恋愛適齢期を冷静な目でみている人もいるのが事実です。
恋愛適齢期でジャック・ニコルソンさんが演じる男性は、自分よりも30歳も若い女性との恋愛を繰り返していますが、実際にはそのようなことができる人は少ないでしょう。
また、ジャック・ニコルソンさんが、主人公の娘の恋人として描かれているのも恋愛適齢期が「映画の中の話」といわれてしまう部分かもしれません。
もちろん、恋愛をすることに年齢は関係ないとわかっていても、実際に恋愛適齢期のようにいくつになっても恋愛をし続けられる人というのは少ないのではないでしょうか。

東京の結婚相談所 
posted by 仲人の舘 at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする